日記

目覚めていく息子

息子の剃毛を終えたあとは、お互いに身体を洗い合います。

このときだけではお互いの性器に触れます。

「母さんの、随分と生えてきたね。こんな母さんを見るのは久しぶりだよ。」

「もぅ、何言ってるのよ。恥ずかしいから早く洗って…。」

「そういう母さんだって、さっきはずっと俺のを握ってたじゃない?」

「そんなことないよ…。」

本当は、ずっと握っていたいと思っていました。

出来ることならお口で胸、そしていやらしい部分で彼を包んであげたいと思っています。

ただ、それは出来ないので我慢していました。

お互いの身体を綺麗にしたあとは一緒に湯舟に浸かります。

息子の上に座り、浮力に任せて身体を預けると本当に夢見心地となります。

普段なら息子の太く長い楔を打ち込まれるので、あまり寛ぐという感じにはなりませんが、最近はそれも出来ないため、本当にゆったりとしてお風呂に入れます。

会話は、何気ないことばかりです。

お仕事のことや、美沙ちゃん、そして子供たちのことです。

ただ、そんなありふれた中でも私は幸せを感じます。

意識しているのか、無意識なのかはわかりませんが、息子は私の下腹部をゆっくりと撫でてくれます。

(ゆうちゃん、ずっとお母さんの触ってる…。ふふっ、今まではもっと下ばかり触ってたのに…。)

牡の本能ではなく、父親として意識が彼の中に芽生えているような気がしました。

『ゆうちゃん』や『あなた』では無い呼び名で呼ぶ日が確実に近づいていると実感しています。

コメント

あなたは18歳以上ですか?アダルトコンテンツを含みますので18歳未満の方はご利用できません。
タイトルとURLをコピーしました