日記

サプライズ・セックス

なんと、昨日夜もゆうちゃんが来てくれました。

一昨日の夜で妊活期間はおしまいと思っていたので、ゆうちゃんにも美沙ちゃんと居て上げと連絡していました。

けど、お部屋で次男を寝かし付けていると、静かにドアが開きました。

「えっ、どうしたの?」

まだ次男もしっかり寝ていなかったので小声で会話しました。

「〇〇が寝たら話すから、まずは寝かして付けてね。」

その後、次男が寝た事を確認してゆうちゃんに話しかけました。

「今日は来なくて良いって言ったのに、どうしたの?」

「どうしたって、母さんとセックスするためだよ。」

息子の言葉に思わず驚いてしまいました。

「えっ、だって、排卵はたぶん終わってるし、昨日だってあんなに…。」

「ううん、今日はセックスするんだよ。妊活じゃなくね!」

そのまま息子にキスをされ、ゆっくりとベッドに押し倒されました。

もうこの状態になると、母は息子の思うがままです。

先にパジャマとショーツを脱がされて挿入、そしてそのあとは胸を弄られながらブラも外されました。

サプライズ・セックス

「もぅ、無理しなくてもいいのにぃ、あっ、んっ、ああっ…。」

深く浅く、母の弱い部分を正確についてくる息子に、もう身も心もトロトロになっていました。

「今日は美沙に行ってこいって言われてね。俺も、泣いている母さんとのセックスで終わるのは、なんかね…。」

「そうだったの…。」

「妊娠するかとどうかはわからいけど、これからも母さんとはやりまくるつもりだからね!」

「もぅ、やりまくるなんて、恥ずかしいよ…。けど、嬉しい。」

「そう、それ、やっぱり母さんはその方が綺麗だよ。」

「もぅ!」

これでもだいぶ書き換えていますが、読んでいる方はもっと恥ずかしくなるようなセリフを言いながら、息子のとのセックスを楽しみました。

皆さまや美沙ちゃん、そして息子にも癒されて、私はもう本当に元気になれました。

本当にありがとうございます。

コメント

あなたは18歳以上ですか?アダルトコンテンツを含みますので18歳未満の方はご利用できません。
タイトルとURLをコピーしました